一人でペットを飼うときの注意点

ペットは可愛くて、人を癒してくれるもの。
ひとりで寂しいときなど、心の支えにもなってくれます。
でも可愛いだけでなく、たいへんなことも多いのです。

人もペットも楽しく暮らせるために、どんなことに気をつければいいか、考えていきましょう。

ペットを飼うならペットOKの部屋で

ペットを飼うなら、必ずペット可の部屋に住みましょう。
ペット禁止のところで無理やり飼っていると、近所とのトラブルを招きますし、最悪の場合、部屋を出て行くよう勧告されてしまいます。

動物が好きな人が多くいるように、動物が苦手な人もいるものです。
そして動物の毛やフケに触れることでアレルギーを起こし、命に関わってしまう人だっているのです。
お互いのためにも、住み分けができるペット可物件を選びましょう。

最近はペットを飼ってもいい物件が増えてきて、ペット愛好家には嬉しい傾向です。
インターネットの物件案内サイトにも、検索条件にペット可否チェックがあったりと、昔に比べてずいぶん探しやすくなりました。

またペットOKの物件でも、大型犬はだめだとか、2匹までなら可とか、大きさや種類、頭数の制限がある場合もありますので、前もって確認しておきましょう。

ペット可物件は、そうでないところに比べて、敷金を1ヶ月分多くとられたり、賃貸料が割高に設定されていることもあります。

これは大家さんにしてみれば、ペット用の設備費を多くかけていたり、借主が出ていくときにリフォーム代が余計にかかったりするので、ある程度はしょうがないことなのです。
ペットを飼うための必要経費として、割り切りましょう。

近隣に迷惑をかけないように

ペットを飼うなら、近所に迷惑をかけないように気をつけましょう。
ペットが逃げ出さないようしたり、臭いを極力抑えるように掃除をマメにしたり、注意します。

声を出す動物はしつけをしっかりするなど、騒音にならないようにしましょう。
部屋の中で放し飼いにする場合は、足音にも気を配ります。

ちゃんと面倒をみられるか? 最後まで責任を持つ

ペットも大事な命です。
心も感情も持っています。
飽きたからやめた、という無責任なことはできません。

飼い始めるときに、本当にきちんと面倒が見られるのか、じっくり考えましょう。

エサをきちんと毎日あげられるか?
排泄物の始末をきちんとして清潔を保てるか?

長期の留守はないか?
留守をするとしたら知り合いや業者など頼むあてがあるか?
ペットが病気のときはすぐに獣医に連れていけるか?

寂しい思いをさせないか?
散歩が必要なペットを毎日散歩に連れて行けるか?

飼い主もペットも幸せに暮らせるよう、よく考慮してから飼いましょう。

引っ越しが決まったらまずはコレから!
2分でできる引っ越し見積もりサイトはこちら