1ヶ月前までにやっておく手続き

引っ越し作業や手続きの中で、まずは早めにやっておかないといけないものを上げてみます。

いずれも1ヶ月前か、それ以前にやっておいたほうがいいものばかりです。

引っ越し業者を選ぶ

引っ越しが決まったら、まず引っ越し業者を選ぶ必要があります。

まず引っ越し業者が決まらないと、「引っ越し日」が決まらないので予定が立てづらくなります。

自分で勝手に「この日に引っ越ししよう」と思っていても、もし引っ越し業者がどこも予約が一杯で、請け負ってくれるところがなかったら、引っ越したくでもできない状況になってしまいます。

なので、まずは引っ越し業者を抑えてしまわないと、その先の引っ越し作業に進めないということなんです。

特に大家さんには、1ヶ月前までには退去日を知らせなければいけないと思います。だからそれより前には、引っ越し業者を決めてしまう必要があります。

それから引っ越し業者は、特に2〜3月の繁忙期には、けっこう早く一杯になってしまいます。

確実に指定した日に引っ越しをしたい場合は、一括見積もりサービスを使うのが便利です。たくさんの業者の中から、希望日に引っ越しができる業者を見つけてくれます。

一括見積もりを使えば料金も安くなるし、日程の調整も楽なので、引っ越しが決まったらなるべく早めに見積もりを取っておきましょう。

無料の一括見積もりサービスで料金を比較する

大家さんに連絡する

引っ越しを決めたのなら、大家さんに退去日を知らせないといけません。

多くの場合、契約上「1ヶ月前まで」に退去日を知らせるとなっていると思いますが、この退去日を知らせなかった場合、旧居と新居、両方の家賃を2重で払わなければいけない状況になってしまう可能性があります。

契約によっては「2ヶ月前」や「3ヶ月前」の場合もあるので、引っ越す予定がある方は、賃貸借契約書をしっかり確認して忘れずに退去日を伝えましょう。

担任の先生に連絡

子供さんがいる場合には、引っ越しが決まったらすぐ、担任の先生に連絡を入れてください。

転校するとなると、担任の先生も色々手続きしないといけないことになるので、ギリギリになって知らされると、いい顔はされません。

公立の小中学校に在学中の場合の、こちら側が行う転校の手続きは次のようになります。

  • 在学中の学校で「在学証明書」「教科書受給証明書」を発行してもらう。
  • 引っ越し先の教育委員会へ、住民票と在学証明書を提出し、「転入学通知書」を発行してもらう。
  • 指定を受けた学校へ行き、教科書受給証明書と転入学証明書を提出する

高校と私立学校の場合は、学校によって手続きが違ってきますので、学校に問い合わせてみましょう。

高校の場合は、転校先の学校に欠員があり、さらに編入試験に合格して初めて転入が可能になります。

リサイクルショップへ連絡

荷物を減らすために不要品を徹底的に処分するのは引っ越しをする際の鉄則です。

不要品を処分して、引っ越しの荷物が少なくなれば、
その分引っ越し料金も安くなるし、引っ越し作業もラクになります。

不要品の処分は、最終的には「ゴミ」として処分することになりますけど、その前に、リサイクルショップで買い取りしてもらえないか聞いてみるのがオススメです。

こちらは「不要」だと思っていても、家具やコートはけっこう買い取ってもらえることがありますし、最近はリユースが流行していますから、「こんなもの売れるんだ」という物もあるかもしれません。

買い取ってもらえば、ゴミとして処分する場合のように処分費用がかかりませんし、またリサイクルショップによっては、引き取りに来てくれる場合もあります。

ただ、リサイクルショップで買い取りしてもらえなかったものは、最終的に粗大ゴミに出さないといけませんので、リサイクルショップへの連絡は、1ヶ月以上前までに終わらせるといいですね。

不用品は出張買取がおおすすめ

リサイクルショップへ持っていくのが面倒な方は、出張買取サービスの「買取プレミアム」を利用するといいでしょう。

買取プレミアムは家具は取り扱っていませんが、アクセサリや時計などの小物から、着物や洋服など、引っ越しの際の片付けで出てきた不用品を買取してくれます。

そんな高く売れないだろうと思っていた物が、『97万』で売れた例もあるようです。

最短30分で自宅に査定に来てくれて、その場で買取額がわかるので、不要なものはまず買取プレミアムに出張査定を出してから、売るか捨てるかを決めるのが、上手な不用品の処分方法ですね。

買取プレミアムの公式サイトへ

粗大ゴミの予約

リサイクルショップで引き取ってもらえなかった家具などは、粗大ゴミとして処分することになります。

粗大ゴミを出すには予約が必要になりますが、予約から実際に引き取ってもらうまでの期間が、2〜3週間かかる場合があります。

引っ越しまでにはすべて引き取ってもらわないといけないので、粗大ゴミの予約も、1ヶ月前までに終わらせておくのがおすすめです。

予約方法は、粗大ゴミの大きさを測った上で、自治体の粗大ゴミ受付センターに予約をします。

粗大ごみとして出すには「有料粗大ごみ処理券」が必要なので、ごみ処理券を取り扱っているコンビニやスーパーで購入しておきましょう。

自治体によって料金は異なりますが、小さめの粗大ごみは300円くらいで、大きい粗大ごみだと2500円くらいです。

収集当日、コンビニなどで購入した「粗大ごみ処理券」を貼り付けた上で、所定の位置か自宅の前に出しておきます。

インターネットの住所変更と解約

家でインターネットを使っていた方は、引っ越し先の家でも引き続きインターネットを使いますよね。

引っ越す際のインターネットの手続きとしては、住所変更して継続するか、解約して違うところと新規契約をするかです。

住所変更をする場合は、連絡をして移転の手続きを行います。回線事業者によって移転手続きの流れが違うので連絡して確認しましょう。

住所変更をして継続した場合でも、新居に回線がない場合、回線の工事が必要になり、工事費用がかかります。

現在契約しているインターネットを解約して、新規に契約する場合も、同じように工事が必要になる場合があります。

解約する場合には、違約金や解除料がかかったり、回線事業者によって、料金や解約の締日が指定されているところや、料金の日割り計算ができないこともあります。

このような締日を把握していないと無駄にお金を払うことになってしまうので、契約している通信会社に早めに問い合わせて、しっかり確認しておきましょう。

インターネット工事の予約

新居でインターネットの回線が引かれていない場合は工事が必要になります。このネット回線の工事は、予約してから実際の工事日まで1ヶ月くらいかかる場合があるので、早めに工事の予約をしましょう。

特に3月と4月の引っ越しシーズンは、回線の工事の予約がいっぱいになってしまうので、1ヶ月前までには予約しておくようにしましょう。

転居ハガキの印刷

引っ越しをした際、お世話になった人などに転居ハガキを出す方もいます。

数人しかいない場合はすぐに書き終わるのでいつでもいいのですが、たくさんの人へ転居ハガキを出す場合、引っ越し準備から引っ越し後の手続きでバタついてしまい、ゆっくりと時間を取れないことが多いので、これも引っ越し作業が忙しくなる前に、用意しておくといいですね。

荷造り用品の準備

荷造りは、思ったよりも時間がかかります。家族で引っ越す場合なら、1ヶ月前から荷造りをするのがいいと思います。

荷造りに必要なダンボールやガムテープ等は、引っ越し業者がくれる場合もありますが、そうでなければ自分で買う必要があります。

購入先は、アマゾンや楽天などの通販や、クロネコヤマトや郵便局などの運送会社の営業所で買うことができます。

ドラッグストアやスーパーで無料で手に入れることもできます。もらう場合は店員さんに確認してからもらうようにしましょう。

また、新聞紙やプチプチは緩衝材などとしてたくさん使いますので、引っ越しの2ヶ月くらい前から、捨てずに溜めておくようにするのがいいですね。

まだ業者を決めていない方は早めの行動を

引っ越しをする2週間前くらいで、まだ引越し業者を決めていない方は、早めに決めるようにしましょう。

特に、繁忙期の3月や4月頃に引っ越す予定の方は注意が必要です。ギリギリになって引っ越し業者を決めようと思っても予定の折り合いがつかず、希望の日程で引っ越しができない場合もあります。

まだ2週間前であれば、まだ希望の日取りや日時で引っ越しの作業ができると思いますので、早めに行動をして、一括見積りで安くて良い引っ越し業者を見つけましょう。

おすすめ一括見積もりサイトBEST3

LIFULL引越し

LIFULL引越しは、テレビCMで有名なHOME'Sの引越し見積もりサイトがリニューアルされた一括見積もりサービスで、当サイトでも一番人気です。

登録されている業者の信頼度も高く、厳選した引越し業者だけが登録されています。

LIFULL引越しのオリジナルキャンペーンも豊富なので、どこで一括見積もりするか迷ったら、ここのサイトがおすすめです。

公式サイトはこちら


引越し達人

引越し達人は15年の歴史がある老舗のサイトで、運営実績が長いため信頼度が高く、安心して利用できる引っ越し業者が多数登録されています。

また、引越達人を利用した場合の特典がたくさんあり、最大で60,000円のお祝い金や、新生活に必要な家具、家電などが最大80%オフになる優待券のプレゼントなど、お得なプレゼントが色々あるので、条件に合う人にはかなりおすすめサービスです。

公式サイトはこちら

引越し価格ガイド

引越し価格ガイドは、テレビCMでも有名な「引越し侍」が運営しているサービスです。

登録されている業者も幅広く、大手の業者から地域密着系の中小業者などたくさんの業者の中から見積もりを出せるサービスです。

引越しに役立つガイドブックが無料でもらえるので、引っ越しがはじめての人にもおすすめできます。

公式サイトはこちら


引っ越しが決まったらまずはコレから!
2分でできる引っ越し見積もりサイトはこちら