貴重品などの荷造り方法

貴重品は、引っ越し業者が運んではいけないことになっています。
ですから全て自分で荷造りし、自分で運ぶことが必要です。

引っ越し業者は貴重品を運べない

引っ越し業者は「標準引越約款」によって、
貴重品を運ぶことができないことに決められています。

ですから万が一引っ越し荷物に貴重品を入れてしまい、
それがなくなってしまった場合にも、補償はしてもらえないんですね。

貴重品とは、まずはもちろん現金、その他には、
預金通帳や印鑑、株券など有価証券、金銀宝石、高価な芸術品などのことを意味します。

これらは全て、自分梱包し、自分で運ぶようにしましょう。

タンス預金などに注意

よくありがちなのが、タンスにしまってあったへそくりを、
そのままにして引っ越し業者に、タンスを運んでもらってしまうことなんですね。

万が一それで、タンス預金がなくなってしまっても、
補償はありませんので注意してください。

その他にも、仏壇に隠してあった現金を、
そのままにして運んでもらうなどということも、少なくないそうですよ。

大型の貴重品は、専門の輸送業者に依頼して

貴重品の中には、例えば大量の株券や、大型の高級美術品など、
自分で運ぶのが難しい物もあると思います。
それらのものは、専門の輸送業者がありますので、そこに依頼するのがいいですね。

また引っ越し期間中、銀行の貸し金庫などを利用するのも、一つの方法だと思います。

引っ越しが決まったらまずはコレから!
2分でできる引っ越し見積もりサイトはこちら