健康のための食事の注意点

一人暮らしとなると、気になるのが食事。

惣菜を買ったり、外食したり、がんばって自炊したりと人によって様々ですが、食事は健康を維持する上で大事な要素。
おろそかにしてはいけません。

栄養の偏りには気をつけて!

食べるものが偏ってしまうと、体力を落とす原因になります。
一人暮らしは寝込むとたいへん!
心細い思いをしなければなりませんので、普段から栄養には気をつけていきましょう。

一人暮らしに限られたことではありませんが、好きなものだけ食べていると、どうしても野菜不足になりがちです。

外食では特に野菜が少ないので、定食メニューを選ぶとか、一品野菜メニューを足すなどの工夫が必要です。
サプリメントは足りない栄養素を補えて便利ですが、特定の栄養素だけを集中して摂取することで、体に負担がかかることもあるので要注意です。

それにビタミン剤などは、食べ物の消化とともに体に取り込まれていくので、食事抜きで飲んでも吸収されずに排出されてしまいます。
サプリメントだけというような食生活は、まったくムダにになりますので、決してしないようにしましょう。

また、サプリメントは添加物が多く、継続的な摂取はかえって健康を損ねることも。
なるべく食事で自然に栄養を摂るように心がけてくださいね。

買っておくと便利な日持ちのする食材

スーパーで食材を買っても、ひとりでは使い切れずに腐らせてしまうことも多いですよね。
そんなときは、比較的日持ちのするものを買っておきましょう。

肉や魚は、冷凍するとして、野菜は常温でも長持ちする根菜類が便利です。
ニンジンや大根、ごぼう、さつまいもなど。
あと根菜ではないですが、タマネギも日持ちがします。

日持ちする代表食材の乾物類も便利です。

干し大根や干しシイタケ、麩や海草類、高野豆腐、乾燥パセリ、乾燥ネギなどは栄養価も繊維質も豊富で、買い置きにピッタリ。
特にゴマは、安くてパラパラと気軽に使えて、いろんな料理に馴染み、栄養価も高いので、イチオシ食材です。

品質に気をつけよう!

同じ種類のものでも、高いものと安いものがありますよね。

野菜などの場合、不ぞろいだから、とか、形がいびつだから、というような理由だといいのですが、中国産のものだったり、古いものだったりすると、避けたほうが無難です。
葉物の野菜は特に、一日経つと栄養価がグンと下がります。

中国産は、これまで報道されてきたことも鑑みて信頼できるかどうか考えてみましょう。

まだまだ不況の真っ只中で、売る方も利益の上がらないような安売りをする余裕はありません。
安く売られているものは、必ず理由があるものです。
健康のために、よく考えてから購入しましょう。

引っ越しが決まったらまずはコレから!
2分でできる引っ越し見積もりサイトはこちら