引っ越し前日までにやっておく手続き

引っ越しまであと1ヶ月という状況では、
引っ越し作業と手続きが、まさに佳境となりますね。

荷造りは1ヶ月前から始めると思いますから、
各種手続きも並行ししてやっていくことになると思います。

たくさんのやることや手続きがありますが、
のちに「忘れてた!」をなくすために頑張りましょう。

  • まだ業者が決まっていないなら
  • 市区町村役場での手続き
  • 電気・ガス・水道
  • 電話や携帯、NHK、ケーブルテレビ
  • 銀行やクレジットカード、各種保険などの住所変更
  • 郵便物の転送手続き
  • 新聞・牛乳・クリーニングなど
  • 引っ越し挨拶品の準備
  • 新居のレイアウト作成
  • ご近所への引っ越し挨拶
  • 大掃除
  • 冷蔵庫と洗濯機の水抜き
  • 灯油の処理
  • 手回り荷物の準備

各項目では、簡単な流れを解説しているので、
チェックリストを見ながら、漏れがないようにしてください。

引っ越し前日、まだ業者が決まっていない場合

事前に引っ越す予定を立てられているなら、引っ越し業者の手配はできていると思いますが、
急な引っ越しの場合、まだ業者を決めていない方もいるかもしれません。

そのような方は、一括見積もりを使えば、
即日や前日予約でも作業をしてくれる引っ越し業者を、
簡単に見つけることができます。

希望した日程や時間帯に作業ができる引っ越し業者を見つけられるだけでなく、
「急な引っ越しで料金が高くなるかも」と思ってしまいがちですが、
事前に予約した場合より安い業者を見つけることもできるかもしれません。

自分で業者に連絡をして断られた場合、また違う業者を探さなければいけなくなったりと時間がかかるので、
急いでるからこそ一括見積りサービスを利用して、すぐに動ける安い引っ越し業者を見つけましょう。

即日・前日でも引っ越し可能な業者の見積りを比較する

市区町村役場での手続き

市区町村役場でする手続きがいくつかあります。
1度でまとめて出来るように、必要書類等を忘れないようにしてくださいね。

転出届の提出

転出届を提出するには、身分証明書(運転免許証、パスポートなど)と印鑑が必要になります。

転出届を提出すると、「転出証明書」を発行してくれます。
これは引っ越し先で転入届を提出する際に必要になりますので、
失くさないよう、きちんと保管してくださいね。

印鑑登録廃止手続き

印鑑と印鑑登録証、本人確認書類が必要になります。

同一市内への引っ越しの場合は、転居届の手続きをした時点で自動的に登録が変更されるので、
廃止手続きは必要ありません。

違う市町村へ引っ越しをする場合は、転居届の手続きが終わった後に廃止手続きをしましょう。

国民健康保険

違う市町村へ転出する場合は、資格喪失手続きをして健康保険証を返納します。
必要なものは、健康保険証と印鑑です。高齢受給者証を持っている方は、それも必要となります。
この手続きも、転出届の手続きと同時におこないましょう。

同一市内への転居の場合は、住所変更手続きが必要です。
国民健康保険証と印鑑を持っていきましょう。

その他

児童手当や乳児医療、老齢年金、老人医療などをの受給を受けている人は、
一緒に手続きする必要があります。

手続きの方法や必要なものは、各市町村によって違う場合があるので、
二度手間にならないよう、しっかりと確認してから手続きをおこないましょう。

電気・ガス・水道

電気とガス、水道の使用停止手続きをしないといけません。

それぞれ電気会社、ガス会社、水道局へ電話かインターネットで、
現住所や引っ越し日など必要事項を知らせます。

それぞれ料金の精算をしないといけないわけですけど、
引っ越し当日に担当の人に支払うか、
または、口座引落を利用している場合は、翌月に引き落とすようにもできます。

ガスは、引っ越し先の家で使用を開始するとき、「開栓手続き」が必要になります。

このガスの開栓手続きは、立ち会いが必要になりますので、
引っ越し後にすぐにガスが使えるよう、前々から引越し当日に予約しておくのがオススメです。

電話や携帯、NHK、ケーブルテレビ

それぞれNTTや携帯会社、NHK、ケーブルテレビ会社での手続きが必要となります。

固定電話

NTTの場合、固定電話からは「116」、携帯電話からは「0120-116-000」へ連絡し、移転の連絡をします。
NTTのホームページでも引っ越しの連絡ができます。

携帯電話

それぞれの携帯電話会社で住所変更の手続きをします。

携帯電話は住む場所が変わってもそのまま使うことはできますが、
住所変更をしないと利用明細や必要書類が家に届かなくなりますので、
かならず手続きしてくださいね。

NHK

NHKも引っ越しの手続きが必要です。
NHKのフリーダイヤルかホームページから連絡します。

実家に引っ越す場合や、海外に移住する場合は、
割引や解約ができる場合があるので、NHKに問い合わせてみましょう。

ケーブルテレビ

ケーブルテレビなどに加入している場合にも、引っ越しの連絡をする必要があります。

提供しているエリアは会社によって違うのですが、同じエリア内に引っ越す場合、
契約しているケーブルテレビ会社に移転ができるかの確認の連絡が必要です。
エリア外へ引っ越しする場合は、見れなくなってしまうので解約する必要があります。

引っ越しでケーブルテレビを解約する方法は、各事業者によって違うので、
契約しているケーブルテレビ事業者に問い合わせて確認してみましょう。

解約する場合、ケーブルの撤去工事が必要な場合があるので、早めに連絡をしましょう。

銀行やクレジットカード、各種保険などの住所変更

銀行やクレジットカード、各種保険なども、
それぞれの窓口や会社に連絡し、住所変更が必要になります。

住所変更をしなくても、口座は問題なく使えますが
手続きしないと必要書類が届かなくなります。

重要なお知らせが届けられず銀行に返送されてしまった場合、
ATMでの出金などができなくなってしまう場合があるので気を付けてください。

郵便物の転送手続き

郵便局に転居届を提出すると、それから1年間、
旧住所へ来た郵便物を新住所に転送してくれるようになります。

転送されない期間がないように、引っ越しの1週間前くらいまでに手続きするのがいいですね。

手続きは、郵便局の窓口へ、運転免許証などの本人確認証と印鑑を持参すれば、
簡単にすることができます。

また今は日本郵便のホームページからも、携帯電話で本人確認をした上で、
手続きできるようになっています。

新聞・牛乳・クリーニングなど

新聞配達、牛乳配達を頼んでいる場合は、
それぞれ販売店に連絡して中止の手続きをし、料金を精算しましょう。

クリーニングを頼んでいた場合も、引き取り忘れたものがないか、確認が必要ですね。

引っ越し挨拶品の準備

引っ越ししたら、引っ越し先の近所の人に、引っ越し挨拶をしないといけないですよね。
この時挨拶品を持参しないといけないですから、それをあらかじめ準備しておかないといけません。

引っ越し挨拶は、一戸建てなら「向こう三軒両隣」、マンションなら両隣と上下階、
さらに管理人さんにすることになっています。

挨拶品は、値段は500〜1000円くらい、タオルなどの日用品がオススメです。

新居のレイアウト作成

新居のレイアウト図を作り、家具をどこに置くかなどの配置を書いておきます。
これを引っ越し当日、引っ越し作業員に渡せば、家具の搬入がスムースに進みます。

ご近所への引っ越し挨拶

ご近所への引っ越し挨拶は、引っ越し前日までに済ませてしまいます。
一言かけるだけで、挨拶品などは不要です。

ただお世話になった人などには、もちろんのこと、きちんとした挨拶が必要です。

大掃除

引っ越し前には大掃除をしましょう。

しっかりと拭き掃除までして、特にレンジ周りの油汚れや、水回りのカビなどは、
きれいに取っておくようにしましょう。

大掃除をしないと、賃貸住宅に住んでいる場合、
退去時の立ち会いで清掃料金を請求される場合がありますので注意してください。

「今までありがとう」という気持ちで掃除をしましょう。
もしかすると、きれいにしておくことで、修繕費用などを安くしてくれるかもしれませんよ。

冷蔵庫の霜取りと洗濯機の水抜き

冷蔵庫は引っ越しの前日に、霜取りをして蒸発皿の水を捨て、コンセントを抜いておく必要があります。

中の食べ物はそれまでに食べ切ってしまうのがいいですが、どうしても食べ切れなかったら、
クーラーボックスなどに入れて、自分で運ぶしかないですね。

洗濯機も引越の前日に、給水ホースと排水ホースの水抜きをし、
コンセントを抜いておきます。

引っ越しの際に冷蔵庫や洗濯機を自分で処分する場合は、
粗大ゴミとなるので、粗大ゴミ処理券を購入して、しっかり捨てましょう。

よく車で回っている不用品回収業者やリサイクル業者に引き取ってもらうのもいいですね。

灯油の処理

引っ越し業者は、灯油の入ったストーブや灯油タンク、灯油缶などは運んでくれません。
事故になった場合の大惨事を防ぐためです。

ストーブを引っ越し業者に運んでもらう場合は、
灯油はすべて抜いて購入したホームセンターに廃棄をしてもらうか、
ガソリンスタンドなどで処分しておきましょう。

手回り荷物の準備

引っ越し当日に自分で運ぶ手回り荷物も、前日に準備しておかないといけません。

お金や貴重品、スリッパ、トイレットペーパーやティッシュ、それに雑巾など、
簡単な掃除道具があると新居を簡単に掃除できるのでいいと思います。

おすすめ一括見積もりサイトBEST3

LIFULL引越し

LIFULL引越しは、テレビCMで有名なHOME'Sの引越し見積もりサイトがリニューアルされた一括見積もりサービスで、当サイトでも一番人気です。

登録されている業者の信頼度も高く、厳選した引越し業者だけが登録されています。

LIFULL引越しのオリジナルキャンペーンも豊富なので、どこで一括見積もりするか迷ったら、ここのサイトがおすすめです。

公式サイトはこちら


引越し達人

引越し達人は15年の歴史がある老舗のサイトで、運営実績が長いため信頼度が高く、安心して利用できる引っ越し業者が多数登録されています。

また、引越達人を利用した場合の特典がたくさんあり、最大で60,000円のお祝い金や、新生活に必要な家具、家電などが最大80%オフになる優待券のプレゼントなど、お得なプレゼントが色々あるので、条件に合う人にはかなりおすすめサービスです。

公式サイトはこちら

引越し価格ガイド

引越し価格ガイドは、テレビCMでも有名な「引越し侍」が運営しているサービスです。

登録されている業者も幅広く、大手の業者から地域密着系の中小業者などたくさんの業者の中から見積もりを出せるサービスです。

引越しに役立つガイドブックが無料でもらえるので、引っ越しがはじめての人にもおすすめできます。

公式サイトはこちら


引っ越しが決まったらまずはコレから!
2分でできる引っ越し見積もりサイトはこちら