一人暮らし(単身)で引っ越す場合の費用相場や荷造りのコツ

一人暮らしは家族で引っ越しするのに比べれば身軽ですから、引っ越しをする機会も多いですよね。

そこで、ここでは一人暮らしで引っ越しをする際の料金相場や、やるべき作業と単身引っ越しの注意点をまとめてみましたので参考にしてください。

一人暮らしの人が引っ越しする場合の料金相場

引っ越し料金は、荷物の量や引越す距離によって変わってきますので、正確な料金は、複数の業者にきちんと見積もりを取ってみる必要があります。

ただ、多くの引っ越しを平均してみると、大体次のような料金になっています。

荷物が少ない場合
  • 繁忙期…30,000円くらい
  • 閑散期…40,000円くらい
荷物が多い場合
  • 閑散期…50,000円くらい
  • 繁忙期…60,000円くらい

単身パックの利用は注意が必要

最近ではクロネコヤマトやアート引越センターなど多くの業者が、格安で引っ越すことができる単身パックや一人暮らし用のプランを用意していますが、単身パックを利用できるかどうかは、十分に注意が必要です。

単身パックは、決まった大きさのコンテナに荷物を積み込む方式のため、本当に荷物が少ない場合だけ、利用できるサービスです。

たとえば引っ越し荷物に、ベッドやタンスなどがあったら、その時点で単身パックは利用できません。

もし単身パックで引っ越しを申し込み、当日になって積み切れないことがわかった場合、コンテナをもう一つ利用しなければならないことになり、料金が2倍になってしまいます。

ですから一人暮らしの引っ越しでも、初めから単身パックと決めつけないようにしましょう。

複数の引っ越し業者に、単身パックも含めて見積もりを取って料金を比較することが、一番安く引っ越すコツです。

2分でできる無料見積り比較サイトはこちら

荷造りは甘く見ない

一人暮らしの場合だと、家族に比べれば、荷物の量も少ないですから、荷造りが「すぐに出来るだろう」と考えてしまう人もいると思います。

一人暮らしの場合は、自分は仕事をしているでしょうから、平日はなかなか荷造りもできず、「引っ越し前日に、一気にまとめてやってしまおう」などと考える人もいるかもしれませんよね。

でも、荷造りを甘く見てはいけません。

荷造りは、思わぬ時間がかかるもので、「間に合うだろう」と甘く見てしまうと、引っ越し当日までに終わらないこともよくあります。

もし引っ越し当日まで荷造りが終わっていないと、引っ越し業者に荷造りを手伝ってもらわなければいけませんから、当然追加料金がかかってきます。

また、全然荷造りが終わっていないなどの場合は、引っ越し業者から引っ越しをキャンセルされ、キャンセル料を取られることもありますので、注意が必要です。

ですので、一人暮らしの場合でも、最低でも2週間前から荷造りを始めていくようにしましょう。

また、もしどうしても忙しくて時間がない場合には、申し込む時に引っ越し業者の「おまかせパック」を利用して、荷造りと荷解きを全部やってもらうのもオススメです。

一人暮らしの場合は引っ越し挨拶をしなくて良い場合がある

引っ越しをする場合には、一般には、今まで住んでいた家と引っ越し先の近所の家に、引っ越し挨拶をすることが礼儀とされています。

ただ一人暮らしの場合には、引っ越し挨拶をしないでいい場合は多いんですね。

一人暮らしでも、一軒家に引っ越した場合には挨拶はした方がいいと思います。引っ越し挨拶をしないままだと、ご近所さんも「あの家にはどんな人が住んでいるのだろう」と心配になりますよね。

ファミリータイプのマンションに引越す場合、ご近所さんは家族ですから引っ越し挨拶はした方がいいと思います。基本的にファミリータイプのマンションでは、ご近所付き合いをする可能性が高いからです。

ただ、一人暮らしの場合なら、多くの人が、ワンルームなど、単身者用のマンションに引越すことになると思います。この場合は、お近所付き合いも少ないでしょうし、引っ越し挨拶はしなくてもいいと思います。

女性の方が引っ越した場合、挨拶をしたことによって、男性の入居者に顔を知られてしまうと、このご時世何があるかわかりません。以前、マンションに住んでいた女性が、隣の人に殺されてしまったニュースも見たことがあります。

また、引っ越した方が男性の場合も、一人暮らしをしている女性の家に挨拶をしてしまうと、かえって相手に警戒されることになりかねません。

もし引っ越し先で引っ越し挨拶をした方がいいかどうか分からなければ、管理人さんか大家さん、管理会社の人に聞いてみるといいと思います。

自力での引っ越しは要注意

一人暮らしだと、引っ越し業者を使わずに、自力で引っ越ししようと思う人もいると思います。たしかに一人暮らしは、引っ越し荷物もそう多くありませんから、自力でも引っ越し出来そうな感じがしますよね。

ただ自力での引っ越しは、思わぬお金がかかる場合があります。レンタカー代や、引っ越しを手伝ってくれた人への謝礼は、どうしても必要になると思います。

また、プロの引っ越し業者ではなく、素人が重い荷物を運んだ場合、家などにキズを付けてしまうということもありますし、怪我をしてしまう場合もあります。

家にキズをつけてしまうと、大家さんから高額の修繕費用を請求されることになりますが、引っ越し業者の場合には、万が一家にキズなどが付いた場合でも、保険から補償をしてくれます。

重い荷物を持って、もし腰を痛めてしまったら、せっかくの新生活が気持ちよく迎えられませんし、自分の仕事にも影響が出てしまいます。

ですから自力で引っ越しすると、「結局引っ越し業者に頼んだほうがよかった」ということになりかねませんので、十分注意してください。

まずは一括査定で一番安く引っ越ししてくれる業者を探してから、自分でやるか考えてみると、いい選択ができそうです。

おすすめ一括見積もりサイトBEST3

HOME'S引越し

テレビCMで有名なHOME'Sの引っ越し見積もりサイトで、当サイトでも一番人気となっています。
知名度が高いので、登録されている業者の信頼度も高く、厳選した引越し業者だけが登録されています。

HOME'Sと提携した業者のオリジナルキャンペーンや特典も豊富なので、どこで一括見積もりするか迷ったら、ここのサイトがおすすめです。

公式サイトはこちら


引越し達人

引越し達人は15年の歴史がある老舗のサイトで、運営実績が長いため信頼度が高く、安心して利用できる引っ越し業者が多数登録されています。

また、引越達人を利用した場合の特典がたくさんあり、最大で60,000円のお祝い金や、新生活に必要な家具、家電などが最大80%オフになる優待券のプレゼントなど、お得なプレゼントが色々あるので、条件に合う人にはかなりおすすめサービスです。

公式サイトはこちら

引越し価格ガイド

引越し価格ガイドは、テレビCMでも有名な「引越し侍」が運営しているサービスです。

登録されている業者も幅広く、大手の業者から地域密着系の中小業者などたくさんの業者の中から見積もりを出せるサービスです。

引越しに役立つガイドブックが無料でもらえるので、引っ越しがはじめての人にもおすすめできます。

公式サイトはこちら