車庫証明や免許証の引っ越し手続き

引っ越しをしたら車両関係に関する手続きも当然必要となります。
免許証を保有している場合は免許証の住所変更を、引っ越し先で車を保有するのであれば車庫証明の住所変更もしなければなりません。

免許証の住所変更手続き

免許証には現住所や本籍地が登録されていて、引っ越しによって現住所や本籍地に変更があった場合は、速やかに届け出なければなりません。
道路交通法では、住所に変更があったにもかかわらず変更手続きを怠った場合は、1万円以下の罰金または科料に処すると定められています。
明確に期間が設けられているわけではありませんが、できるだけ早めに変更しておくことが賢明です。

もちろん、住所が違うと免許証がすぐに無効になってしまうということはありません。
でも更新手続きのハガキは登録されている住所に届いてしまいますし、本人確認書類として免許証を提示する際に、住所が違うと証明書として扱われてない場合もあるので、引っ越しと同時に届け出ておくことがお勧めです。

手続きの方法は?

免許証の住所変更は、引越し先の管轄警察署、又は運転免許センターで行うことができます。
手続きに必要な持ち物は以下の4つ。

  • 運転免許証
  • 新住所を確認できるもの(住民票、すでに住所変更してある保険証や 年金手帳など)
  • 印鑑
  • 6か月以内に撮影した証明写真(他県から引っ越してきた場合のみ必要な場合があります)

この4つを持参して受付窓口に出向き、「運転免許証記載事項変更届」という書類を記入すれば手続きは完了です。
新しい免許証には、裏面の備考欄に新しい住所が記載され、住所変更が行われたことが証明されます。

本籍地から変更したい場合

現住所のみではなく本籍地を変更した場合は、上記の持ち物だけではなく、本籍地が記載された住民票を持参する必要があります。
手続き方法は同じですが、必要な書類が違ってくるので注意しましょう。
また氏名の変更があった場合でも、新しい氏名が記載された住民票が必要となります。

車庫証明の住所変更手続き

車庫証明とは「自分が所有する車をきちんと保管しておく場所があります」という証明書のこと。
これは車を保有するためには絶対に必要な書類です。

引っ越し先に車を持っていくという場合は、車を保管する場所も変わってしまうので、住所の変更が必要不可欠。
また車庫証明は車検証の住所変更やナンバープレートの取得にも必要な書類となるため、速やかに手続きを終わらせておきましょう。

手続きの方法は?

車庫証明の変更手続きは、引っ越し先の管轄警察署で行うことができます。
手続きに必要な持ち物は以下の4つ。

  • 自動車保管場所使用承諾証明書(借りている駐車場を使用する場合のみ必要)
  • 印鑑
  • 車の保管場所の見取り図などがわかる書類
  • 自動車登録番号や車名、型式、車台番号などが記載された書類

この4つの書類を持参して、警察署で住所変更の申告書を記入します。
新しい車庫証明ができるまで3日ほどかかるため、3日後に再び警察署へ受け取りに来る必要があります。

また自動車保管場所使用承諾証明書は、不動産会社や大家さんに発行してもらわなければなりません。
引っ越し先で駐車場を借りた際に、あらかじめ発行しておいてもらうと効率的です。

免許証と車庫証明の手続きはまとめると楽ちん

免許証の住所変更と、車庫証明の住所変更は、同じ日にまとめて手続きすることができます。
運転免許センターでは車庫証明の変更ができないので、警察署のみでまとめて手続きが可能です。
まとめて終わらせることで余計な手間も省けて楽に変更手続きを終えることができます。

ただ一つ注意したい点は、警察署は土日の受付を行っておらず、平日のみとなってしまうこと。
仕事で忙しい人はついつい手続きが後回しになりがちです。
でもどうしても必要な手続きなので、なんとか時間を空けて早めに手続きに向かいましょう。

また、それぞれの手続きに必要な書類をあらかじめ用意しておくということも大切です。
1つでも書類が足りなければ、せっかく出向いても手続きできない羽目になってしまいます。
事前にしっかりチェックして、確実に手続きを終えていきましょう。

引っ越しが決まったらまずはコレから!
2分でできる引っ越し見積もりサイトはこちら