駐車場と駐輪場について

マイカーを持っている人は、部屋とともに駐車場選びも重要になってきます。
家から近いか、月々いくらかかるか、などなど。
自転車も同様で、近頃はマンションでは特に、駐輪代が必要なところが増えてきています。

自分に合った駐車場選び

住む予定のアパートやマンションに駐車場がついていればいいのですが、空きがなかったり、相場より割高だったりすることもあります。

そうなると別に探すことになりますが、家から駐車場までの距離が2km以内でないと車庫証明は取れませんので、注意してください。

駐車場の条件も考えて探しましょう。
同じような距離で同じような賃料なら、屋根つきのところを選ぶと、自動車も汚れにくいですし、荷物を出し入れするときにも、雨や紫外線を避けることができて便利です。

でも治安がよくない地域の場合、屋根による死角ができ、自動車をいたずらされる可能性が高くなります。
そういった駐車場は、なんとなく犯罪を引き寄せるような暗い空気を感じさせますので、雰囲気の悪い駐車場は避けたほうが無難です。

自転車やバイクにも駐輪代!?

二輪車でも場所をとるのは同じということで、賃料を徴収するマンションが、都心部を中心に増えています。
料金はまちまちですが、1,000円から多いところでは5,000円くらいでしょうか。
バイクは自転車より多くとられるケースが多いようです。

なんだかもったいないように思いますが、お金を払うことによって自分の駐輪場所を確保できている、とも考えられます。

ゴチャゴチャに駐輪して、ハンドル同士が絡み合っている駐輪場は、自転車で出かけるたびにストレスを感じますものね。

実際、最近の自転車ブームで、どこの管理組合も頭を抱えているようです。
限られたスペースを使う権利を買っていると思うことにしましょう。
そう思えなかったとしたら、玄関に持ち込むしかないでしょう。

マンションによっては、バイクは燃料が入っていて危ないという理由で、離れたところに停めるように言われるケースもあります。

また、大型バイクの場合、自動車なみの駐輪代をとられることもありますので、いずれにしろ入居前に確認しておきましょう。

引っ越しが決まったらまずはコレから!
2分でできる引っ越し見積もりサイトはこちら