不動産屋の審査について

いい部屋が見つかり、さあ契約! というとき、不動産屋による審査が行われます。
審査されるなんて、少しドキドキですよね。

なにをどう審査されるのでしょうか?
審査に落ちるとしたら、どんな場合なのでしょうか?

審査の意味

不動産屋による審査の目的は、この人は家賃を滞納せず払い続ける能力があるだろうか、ということを知るためという、いたってシンプルなものです。

ですから、普通に生活をしていて、保証人もしっかりいるようでしたら、まず落ちることはありません。
むこうも商売ですから、せっかく契約してくれるという客に難癖つけて審査に落とすなんて、メリットはひとつもありません。

ただ、家賃をクレジットカードで払う場合、以前ブラックリストに載ったことがある人は、落とされるかも知れません。
これは不動産屋の審査というよりも、クレジット会社の審査に落ちてしまったら、そもそも賃貸契約が結べないことになります。

もしブラックリストに載るような身に覚えがないのに、クレジット会社の審査に落ちてしまったら、同姓同名の誰かと取り違えられていたり、誤った情報で載ってしまっている可能性がありますので、各信用情報機関に自分の登録状況を確認してみてください。

また、保証人に支払い能力がないと判断された場合、審査が通らないことがあります。
高齢の場合もしかりです。

親族以外の保証人でも、業者によっては審査に落とすことも。
親族だとしても、その人がパート就労だったり、高齢だったりしても、落とされることがあります。

そして、いかにもその「スジ」の人だとわかるような服装や振る舞いの人、常軌を逸して不潔な見栄えの人は、審査が通りにくくなります。

審査の流れ

まずは、不動産屋が用意する審査のための用紙に、必要事項を書き込みます。
ここには保証人の情報も記入するので、あらかじめ訊いておきましょう。

住所や生年月日、会社名、会社住所、役職、収入、勤続年数など、細かいことまで記入しなければなりませんので、本人に確認します。

記入漏れがないかを確かめて、提出すると、不動産屋が審査を開始します。

審査が通ると、無事に契約に進めます。

引っ越しが決まったらまずはコレから!
2分でできる引っ越し見積もりサイトはこちら