カーシェアリングってお得なの?

通勤のために毎日車を使ったり、日に2〜3本のバス便しかない田舎に住んでいる、というなら車は日常生活になくてはならない大事な足ですよね。

でも、もしあなたがたまにしか乗らない週末ドライバーだったら、月々の車の維持費が結構な高額に感じられませんか?最近では車を持たない生活としてカーシェアリングが注目され、人気と需要が相まって、サービス拠点も拡大中です。

車の維持費が高いと感じたら

車両、ガソリン、保険、車検、自動車税などの車両関係費が月々いくらになるか把握していますか?たまにしか乗らず、しかも近距離というのなら、タクシーの方が安いということも十分あり得る話ですが、自分で運転もしたい、という人にはカーシェアリングがおすすめです。

カーシェアリングとは

会員登録をした人が簡単な予約で15分位の短時間から車を借りることができるシステムで、毎度手続きの必要なレンタカーよりも気軽に安価に利用できます。

経営しているのはパーキングの会社やレンタカー会社が多く、初期費用としてカード発行手数料と、月々の基本料金1,000円程度を払う場合が多いです。しかもその1,000円の中に無料で使える分も入っているので実質基本料金0円というところもあります。

また、学生なら基本料がかからないため、使わなければ全く無料という良心的なところもありお得です。一回あたりの料金も安く、たとえば15分200円の設定で1時間利用したなら、たった800円です。

その都度保険に加入したり、ガソリンを満タンにして返す義務もありません。スマホやPCで予約して空車があれば、すぐに乗ることができます。

拠点が近くにあるなら検討してみよう

最寄りのコインパーキングやコンビニ、ガソリンスタンド、レンタカー会社の店舗などに数台ずつカーシェアリング用の車があり、空いていれば予約可能で、出払っていても、次に近い場所に空きがあれば、そこから乗ることもできます。

順次サービス拠点を拡大中なので、自宅の近くや、使いたい駅の近くに拠点があれば、検討してみてもよいのではないでしょうか。

貸し出しから返却の流れ

会員登録は、免許証があれば、店舗に出向いて対面手続きでも、インターネットでも入会できます。
その後、登録カードが郵送されてきたらすぐに利用できます。予約もパソコンやスマホから簡単に申込みできます。

そして、最寄りの駐車場所に出向き、登録カード車のドアにかざして解錠し、グローブボックスから車のキーを取り出し、エンジンをかけるだけ。好きなだけ運転し、用が終われば元の駐車場に、車内に忘れ物がないことを確認して返却すればOKです。

予約した時間より前に返却しても、実質貸し出し時間分の料金になるので余分に請求されることもありません。仮に、予定時間よりオーバーすることになっても、車搭載のカーナビから延長手続きが簡単に行えます。

登録から貸し出し、返却まで、全てがインターネット上で済むというのが時代を感じますね。窓口が混雑して並んで待つ時間もかからずに、あっという間に手続きできてしまうのは便利です。人件費がかかっていない分、安く提供できるということなのでしょう。

自宅の徒歩圏内に拠点があれば、思い立って数分後には、車に乗れてしまうわけです。月々の基本料の中に、保険や、ガソリン代や、洗車代など全て含まれているので、余分な経費は一切かかりません。分かりやすい料金設定がありがたいですね。

どんなシーンで使える?

雨の日の移動や、重い物を運んだりする時に威力を発揮する車ですが、家族構成や趣味によっても、色々な利用パターンが考えられます。家の近所だけでなく、拠点さえあればどこでもちょい乗りができるので、出先で急に車が必要になった時も便利です。

買い物

小さな子どもを連れての毎日の買い物は、歩くにしても自転車にしても大変です。遠くの激安店で週に一度まとめ買いできれば楽なだけでなく、カーシェアリングの利用料を払ってもお得になるのではないでしょうか。

主婦も毎日毎日見慣れたスーパーだけでなく、たまには遠出して雰囲気の違うスーパーで買い物したいですよね。普段とは違うメニューが食卓に並ぶかもしれませんよ。

送迎

子どものスポーツ大会でクーラーボックスや、キャンピングチェアーや、ビデオカメラに三脚、たくさんの物を運びたい時や、定期的に通院するご高齢の方の送迎にも車があると便利です。また、24時間利用できるので、夜中に子どもが急に発熱時した時には頼りになります。

また、飲んで酔っ払ったご主人のお迎えに、奥さんが運転して行くこともできますね。

旅行先で

登録した会社の拠点があれば、全国どこからでも借りることができます。旅行先まで飛行機や電車で行って、現地で借りてそのまま乗り捨てできるプランがあれば、なお自由度は高いです。

ドライブ

親元を離れて生活する学生さんも、通学に車は必要なくても、せっかく取った免許ですから、たまには乗って練習したい時もありますよね。

また、仲間と遠出する時にも、全員の交通費より安く済むこともあるでしょう。学生会員は基本料が無料になっていたり、学生割引があったりするので、お得に運転することができますよ。

カーシェアリングのメリット

車はあるけれどご主人が通勤に使っていて平日の日中にたまに使いたいという人は、駐車場を借りて2台目を購入するより、安く利用できるのではないでしょうか。維持費をかけずに乗りたい時に乗れればいい、と考える人はメリットが多いです。

維持費がかからない

会社により細部に違いはありますが、自動車保険の補償がほぼ無制限と充実しています。自己所有の車だと、車両保険、対人、対物など何かと金額がかさみます。2年に一度の車検代や年に一度の自動車税も泣く泣くボーナスから回していた人は、ボーナスを自由に使えますよ。

さらに細かいことをいえば、洗車代もワックス代もかかりません。いつもキレイな車に気持ち良く乗ることができるんです。

手続きが簡単

店舗の開いている時間に、窓口に出向いて手続きをする必要がありません。全てはインターネット上で完結します。

手順さえ覚えれば、ほんの数分で近所に停めてある車に乗ることができます。これは急いでいる時にはありがたいですよ。タクシーを呼ぶよりも早いかもしれません。

ちょい乗りが便利

レンタカーを借りる際は、短時間でも長時間でも、一通りの決まった手続きを行わなければ乗れません。通常は3時間からが多く、ほんの短時間乗りたい時には料金がムダになってしまいますし、ほんのちょっと乗っただけでも、ガソリンスタンドに寄って満タンにして返さなければなりません。

カーシェアリングなら、15分単位で借りられ、乗った時間だけの請求なので、ムダな料金も払わずに済みます。もちろんガソリンは満タンにする必要もありません。ちょい乗りには本当に気軽に使える便利さがあります。

色々な車種に乗れる

運転好きな人には、色々な車種に乗れる楽しみもあります。将来車を購入する時の目安として、色々な車種に気軽に乗れますし、なかなか手が出ないような高級車種を用意している会社もあります。

記念日に奥さんや彼女を高級車でお迎えに行ってそのままドライブなんてサプライズもよいですね。

カーシェアリングのデメリット

ちょい乗りに人気のカーシェアリング、ということをよく聞きます。では、長時間の遠出の場合はどうなのでしょうか。

せっかく会員登録したのだからと何でもかんでも利用シーンを考えずに乗ってしまうと、レンタカーより高くついてしまう場合もあるようです。

非会員は運転できない

登録を申し込んだ会員以外は運転ができません。非会員が運転して万が一事故を起こした場合は、全ての補償が受けられません。ちょっと運転に疲れたから変わって、というわけにはいかないことを肝に銘じておきましょう。

満車時は遠くまで出向くことも

連休や行楽シーズンで、最寄りの拠点の待機車が出払っていたら、空車のある拠点を探し回らなくてはならないこともあり、そこに行くまでの交通費がかかってしまうかもしれません。

ただ、今後ますますサービスの拡大を図っているので、車や拠点は増加していくでしょう。

長時間・遠距離はレンタカーが得

会社により、何時間を過ぎたら距離制という利用システムを取っていたり、何時間制のパック料金とするところもあったりします。行楽地などではレンタカーの保有台数も多く、格安の料金設定になっていたりすると、レンタカーの方がお得な場合もあります。

拠点が近くにないと不便

歩いて数分のところに拠点があり、すぐ乗れる車がある場合はよいのですが、あまりに遠いところではメリットが感じられない場合もあるでしょう。

まとめ

大都市圏では、車の月極め駐車場代が1か月5万円というところも珍しくありません。一等地の整備された駐車場は10万円を下らないところもあります。大都市なら交通網も整備されているので、車を持たない暮らしもありですよね。

最初から車を持たない人はそう不便を感じないかもしれませんが、ある日急に手放すことになると車の便利さを実感するものです。そんな人にもカーシェアリングはもってこいではないでしょうか。車を持った場合の必要経費を算出して、比較してみることをおすすめします。

引っ越しが決まったらまずはコレから!
2分でできる引っ越し見積もりサイトはこちら