エレベータの有無による料金の違い

一戸建ての引っ越しでは問題ありませんが、集合住宅の引っ越しの場合、エレベーターがあるかないかで引っ越し料金は違ってきます。

引っ越し元か、引っ越し先のどちらか一方でも階段で手運びする必要がある場合は、階段作業料や上階割増料として追加料金がかかることが多いです。

1階上がるごとに、1,000円〜2,000円追加する業者もあれば、トラックの大きさ、つまり荷物量に比例して加算する業者もあります。つまり、2tトラックの引っ越しの3階上げは1万円割り増し、3tトラックなら2万円割り増しとするなど、業者により加算方法には差異があります。

エレベーターがあるとないでは大違い!

エレベーターが大きければ大きいほど一度にたくさんの荷物を載せられます。エレベーターホールの前に集めた荷物を一気に運び入れる作業を何回か繰り返せば済むので、階段で一つ一つ運ぶ労力に比べればどれだけラクかが分かりますよね。

水平移動なら台車で運べる

軽いダンボールでも階段なら1つずつ抱えて運ばなければなりません。でもエレベーターを利用できれば、台車に重ねて積み上げて運ぶことができます。

トラックからエレベーターホールまでとエレベーターホールから玄関までを台車で移動できれば、載せている間はほとんど力作業はありません。荷物を落としたりぶつけたりといった物損事故が起きる可能性もぐんと減ります。

短時間で終わるので、他の引っ越しもこなせる

上がるのも下りるのもエレベーターならあっという間で疲れ知らず、というのは大げさですが、階段作業に比べれば大きな差があります。

スムーズに作業が進めば短時間で終わらせることができるため、あまり疲れないうちに次の引っ越しに向かえるので作業員にとってもありがたいです。

作業員も少人数で済む

一つひとつ手運びする階段作業は作業員の増員が必要になることもありますが、エレベーターがあればある程度まとめて一気に運べるので少人数のままでも十分対応できます。そのため引っ越し料金に含まれる作業員の人件費も安くなります。

エレベーターがなく階段作業になる場合

引っ越し元でも、引っ越し先でも、階段作業になる場合は階数に応じた追加料金が必要です。業者により、2階でも追加料金がかかる場合と、2階ではかからない場合もあり、3階建ての一戸建ての場合は若干追加料金がかかる場合があります。

また、螺旋階段や、階段の幅や踊り場部が狭い場合など、階段の形状により料金設定が異なる場合もあります。

標準的な割り増し料金の算出方法

たとえば、エレベーターの無い5階建の公団住宅から引っ越し、新居がエレベーターの無いマンションの4階に入居する場合を考えてみましょう。

1階上がるごとに2,000円の割り増し料金がかかるとします。となると、旧居では4階分かかるので、8,000円、新居では3階分かかるので6,000円、合計で14,000円が加算されることになります。

作業員を増やす必要があるため人件費が加算される

上の説明で「旧居も新居も階段作業なのにそんなもんで済むんだ!案外安いなあ」と思いませんでしたか?

実は、加算されるのはそれだけではありません。階段作業は作業員の体にかかる負担も大きく、少人数に長時間重労働を任せるのは荷物の破損や運転中の事故などのリスクが伴います。

そのため、作業人数を増やして対応するので、その分の人件費も追加されることになります。

階段で運べない家財の特殊作業料が加算される

グランドピアノやベッドマット、大容量のドラム式洗濯機など、階段の幅や踊り場の取り回しが困難なものについては、ベランダからの吊り作業やクレーンを使った窓からの搬出入になることがあります。

その場合には特殊作業料や、資格保持者の人件費が追加になることがあります。

分解して運ぶ家具は、分解・組立の作業員を増員する

あまりに重かったり大きくて運べない家具で分解可能なものは分解して運び、搬入後に元通りに組み立てます。

その際、分解作業中にも搬出入の作業が滞らないよう作業員を増やして対応することがあります。増えた分の人件費もかかりますし、業者によっては、分解・組立料の追加料金がかかることもあります。

作業時間が長くなるので高くなる

階段作業で大きく重い物を運ぶ時には、後ろに他の作業員がいても追い越せないため、時間のロスになります。

しかも踊り場での回転で荷物や壁に傷をつけないように少しずつずらして様子を見ながら移動させるのは、相当時間がかかります。時間制料金の場合は当然作業時間が長くなる分、料金は高くなってしまいます。

表には出せない、こんな裏事情も

引っ越し業者も会社として存続するために利益を上げなければ、社員に給料を払うこともままなりません。かといって、あまりに高い引っ越し料金では、仕事の受注も難しくなります。

品質の良いサービスを少しでも安く提供するために色々な事情もあるのです。

保険料が高くなるので値引き額を少なく抑える

引っ越し業者は荷物の破損や紛失に備えて、運送業者貨物賠償責任保険に加入しています。階段作業の場合は、通常の引っ越しに比べて建物や家財の物損事故の発生率が格段に多くなるので、保険料自体が高くなります。通常より高い保険料をどこで補うのか……お分かりですね。

作業員に手当てを付けて不公平感をなくす

筋トレが趣味で肉体を酷使することに喜びを感じる人も中にはいるのですが、普通は階段作業と聞くと、外れくじを引いてしまったかのような残念な気持ちになる人の方が多いでしょう。

残念さのあまり何らかの理由をつけて当日いきなり休まれてしまっては、他の人の負担が大きすぎます。そうならないように階段作業担当になった場合、不公平感をなくすために報酬をupする場合があります。

吊り作業等のベテランの人件費が高い

大きい家具が階段で運べない場合、まずは吊り作業を検討することになります。ベランダを養生し、壁を傷つけないように、上から二人で息を合わせて引き上げることになりますが、これはよほど経験を積んだベテランでないと難しい作業です。

このような技術を持った作業員は人件費が高くなりますので、二人以上配置することになるとその分人件費も高くなります。

一日仕事になり他の引っ越しを受けられない

短時間で済む引っ越しなら、1日に2軒こなして、トラック一台当たりの利益を多く上げることができますが、階段作業となると、作業員の体力面を考えても、かかる時間を考えても、何軒もこなすことができません。

もちろん荷物量と階数にもよりますが、1軒でその日の目標額に到達するためには、あまり値引きができないことが多いです。

階段を何往復もしながら重い物を手で運ぶのと、エレベーターでまとめて運ぶのとでは、料金に差が出るのは当然です。

エレベーターがなく階段作業になった場合、階段作業料として1階上がるごとに追加料金がかかると最初に説明しましたが、実際は、その追加分だけではなく、もっと差が開くことが歴然です。

念のため言っておくと、たとえエレベーターがないマンションでも、1階への引っ越しなら追加料金はありませんので、ご心配なく!

引っ越しが決まったらまずはコレから!
2分でできる引っ越し見積もりサイトはこちら