引っ越し業者に運んでもらえない荷物一覧

国土交通省で許可を受けた正式な引っ越し業者であっても、荷物の引き受けを拒絶することのできるものがあります。

それを内容を偽って運んでもらったとしても、万が一の事故の場合、引っ越し保険の補償の対象外となるだけでなく、逆に賠償金を請求されることにもなりかねません。

引っ越し業者でなく専門業者に頼んだ方が良いものを挙げてみましたので、参考にしてみてください。

現金

これは当然ですね。金額の大小に関わらず、自分で管理するべきものです。引っ越し作業中はバタバタと人の出入りが多くなり、玄関や窓を開け放っています。

外部からの盗難の危険が無いともいえません。その辺に置いていると、他の荷物と一緒にトラックに積み込まれてしまうかもしれませんので、肌身離さず持っていたほうが安心です。

貴重品

これらも現金同様、盗難に気を付けましょう。うっかり積み荷に紛れ込んで、結果、紛失してしまっても補償の対象外となってしまいます。

そうかさばる物でもないので、自分で身に着けておくか、絶対に目を離さないようにしっかりと管理しましょう。

  • 通帳、銀行印、実印
  • 有価証券など、株式・債券・手形・小切手、キャッシュカード、クレジットカード
  • パスポート、マイナンバーカード、マイナンバー通知カード

貴金属、宝石

自分でがんばって購入した宝石や、頂いたアクセサリーは、思い出深く、その時のうれしい気持ちはかけがえの無いもの。親から代々譲り受けた貴重な貴金属や宝石は、二度と手に入りません。

これらも引っ越し業者が運べないものとなっていて、万が一の場合でも保険の補償対象外になっています。

美術品、骨とう品

高価な美術品や骨とう品は、少しの傷でも付けば、相当価値が下がってしまいます。標準で業者が加入している保険の上限額によっては、十分な補償にならないことがあります。

そのため、国土交通省が定める約款では「運搬を拒否する権利があるもの」としています。彫刻品や壷など大きく重たいものは、積み重ねができないので、自分で運ぶにしても大変です。

そのような時は、相談の上、別途自分で損害保険に加入することで運んでもらえる場合もあります。

また、引っ越し専門ではなく、物流を兼業する引っ越し業者で、高価な美術品を専門で輸送する部門がありますので、検討してみるのもよいでしょう。

危険物

燃えたり、引火して爆発するような危険物は運んでもらえません。大切な家財まで失う羽目になるどころか、同乗者や他車にまで危険が及ぶことにもなりかねません。

石油ファンヒーターのタンクに残った灯油は、最後まで使い切るか、最寄りのガソリンスタンドで処分してもらい、必ず空にしたことを確認してから運びます。

同様に、灯油を保管するポリタンクも必ず空っぽにしてください。他に火薬はもちろん、夏の思い出の花火も運べません。

生き物、植物

犬や猫などのペットや家畜、趣味のガーデニングのプランターの花々、家庭菜園の野菜たち、丹精込めて育てた盆栽。このような生き物や植物も、業者は運搬を拒否する権利があります。

犬、猫、うさぎ、鳥、爬虫類、両生類、魚類など

ペットは荷物ではなく家族の一員なのですから、家財として荷物と一緒にトラックに載せるのでは可哀そうです。

輸送中に万が一のことがあっては困るので、業者にも拒否する権利があります。できれば家族と一緒に移動するのが理想ですが、とはいっても多頭飼いや特殊な動物は、運ぶのが難しいケースもあります。

そんな時は、オプションでペット輸送がないか聞いてみましょう。他には、ペット輸送を専門としている業者に別途依頼するのも安心です。

植木、観葉植物、盆栽

小さな鉢植えやサボテンなどは少量であれば、水が出ないように気をつけて運んでくれる場合があります。

ただし、背の高い観葉植物や、長い年月をかけて丹精を込めて育てた盆栽は、枝や葉を傷つけてしまったり、土から水が染み出て家財を濡らす心配があるため、こちらも業者側は拒否する権利を持つものです。

しかし、これらのものを自分で運ぼうとなると大変です。そこで、何かあっても責任は負えないことを了承したうえで、運んでもらうことができるか交渉してみましょう。

大量にあるなら、植物の運送を専門とする業者に相談してみましょう。

楽器

漆塗りや特殊な装飾が施されたグランドピアノや、家一軒買えるほどのフルオーダーのバイオリンなど、高価な楽器の運搬はどうなるのでしょうか。オプションサービスを利用するか、専門業者に頼むと安心です。

ピアノ、エレクトーン

重量があり繊細な物なので、楽器の特性をよく知る専門業者の方が安心です。運送トラックには小型のクレーンが付いているのもあり、窓からの搬出入の際も対応できます。

プロなら階段作業も狭い場所でもそつなくこなしてくれます。エレクトーンやアップライトピアノくらいなら、引っ越し業者のオプションサービスに頼むのもありだと思いますが、グランドピアノになると、専門の業者のほうが安心でしょう。

もし、懇意にしている調律師さんがいたら、専門の運送業者を安く紹介してもらえるかもしれません。

バイオリン、ギター、ハープ

弦楽器も、ネックが曲がったり傷をつけると音質が変わってしまう繊細な楽器です。ギター愛好者は、何本も所有していることも多く、全てにハードケースがあるわけではありません。

バイオリンも自分好みの音が出る楽器は、他に替えがきかない物です。自分で運べない場合は、楽器専門の業者を探してみると良いでしょう。

和太鼓、ドラム、マリンバ

ドラムなどの打楽器は、パーツに分けてしっかりとした梱包をし、開梱した時に元通りに組み立てる必要があります。

楽器により、手を掛けて持ってよい部分、そうでない部分があり、ふとしたことで破損に繋がることがあります。

楽器の中でも、特殊なものは、オーケストラ専門の運送業者など、その楽器の扱い方をよく知っている人に運んでもらったほうが安全でしょう。

自動車、オートバイ

どちらも引っ越しトラックに載せるわけにはいきませんので、オプションサービスを利用するか、別途申し込む必要があります。

長距離の移送は、方面別に何台かまとめて専用車両で運びますので、ある程度の日数はかかります。余裕を持って依頼しましょう。

目的地も一緒だし、助手席は空いているし、自分一人だけなので、乗せてってくれてもいいじゃない、と思う人もいるかもしれませんが、実は、この輸送トラックに同乗させてもらうという行為は、違法になります。

引っ越し業者や運送業者は、荷物を運搬する業務を国土交通省に届け出て許可を受けています。タクシーやバスのように、人を目的地まで運ぶための旅客輸送の許可とは異なるものです。

万が一、移動途中に事故を起こさないとも限りませんし、第三者の事故に巻き込まれてしまう場合もありえます。その際に重大なケガをおっても、当然ながら補償の範囲外となってしまいます。

善意で乗せてくれたにしても、これではトラブルの元になってしまいますし、個人営業の場合は、廃業にもなりかねません。ガソリン代を払うからと乗せてもらうのを強要することもやめましょう。

まとめ

引っ越しの最後に「こちらはお客様の手でお運びください」と、手提げ金庫を渡されたことがあります。

日常使う通帳やキャッシュカードはバッグや手近なところに入れていたため、うっかりすると存在そのものを忘れそうになるくらい普段使わないものを、奥の方にしまいこんでいたのです。

この時ばかりは「引っ越し先まで車の移動にしておいて良かった!」とホッと胸をなでおろしました。手提げ金庫を持って電車や新幹線に乗る勇気はありません。

窃盗犯に狙ってくれと言ってるようなもので、生きた心地がしませんからね。こんなことにならないよう、運んでもらえる物、運んでもらえない物を理解し、スムーズな引っ越しができるように事前に準備しましょう。

引っ越しが決まったらまずはコレから!
2分でできる引っ越し見積もりサイトはこちら